ボーディングスクール 都内インター情報、海外留学。幼少期はフォニックス、モンテッソーリ学習等。

都内インター選択に関するノウハウや情報と合わせて、学年ごとの教育フォロー(フォニックス、短期海外留学等の活用方法)を経験を踏まえてお話できます。

2人の娘を育てております。
長女:1.5歳からモンテッソーリスクールへ
3歳からインターナショナルスクール(フォニックスを中心とした教育)。7歳から日本の小学校。8歳からインターナショナルスクールに転入。現在、Grede9に在籍し、Year10から海外のボーディングスクールに転校。
*6歳時にはマレーシアのジョホールバルにて現地学校に1ヶ月の短期留学を経験。現地小学校に約1ヶ月通う。また、7歳の夏休みにはオーストラリアのゴールドコーストにあるセントヒルダスという私立学校で1ヶ月現地の子供達と一緒に学習を行う。約1.5年の日本の小学校生活を経て、インターに編入するがフォニックスのおかげで英語力をKeep。入学に際してEAL(英語不足の子どもたちのための補修授業)は不要と判断される。
13歳の夏。コロナ禍のもと、単独でマルタ王国に語学留学を3Weeks経験する。趣味は乗馬。

次女:2歳からからインターナショナルスクールへ。6歳から別のInternational School K5に転入。現在、Grade4に在籍中。
*フォニックスを中心に学習。幼い頃から両親、お姉ちゃんの影響で親子留学の経験が多数。1歳になる前からマレーシアジョホールバルの現地保育園に1ヶ月通ったり、1歳ではオーストラリアにゴールドコーストにある保育園に1ヶ月通った経験がある。
姉の経験を活かし、2歳からフォニックスを学習し、別のインターのK5に編入後EAL(英語不足の子どもたちのための補修授業)は不要と判断される。趣味は乗馬、ダンス

学校、受験歴の有無

日本のインター 海外ボーディングスクール  短期留学

海外歴

子供(アメリカ オーストラリア マレーシア ポーランドなどの海外留学経験)

レビュー

まだレビューはありません。