上海・現地校、香港・インター、海外大(イギリス、アメリカ)

中華圏の幼稚園から高校の相談、海外進学サポートについて。 子どもの心身を整え、自立心を育ててきた経験をお話できます。

私は夫の海外駐在で中華圏に合計15年滞在、北京、香港、上海と日本で3人の子供達を育てました。
●第一子は海外から中学受験し大学系列校に進学、高校から一人暮らし。国立大学に進学し大学在学中にアメリカ・中国・インドネシアに留学。
●第二子は英語が全くできない状態で中学からインター、上海で現地校国際部(アメリカのカリキュラム)、アメリカの大学進学し在学中にスイス・イギリスに留学。
●第三子も同じく英語ができない状態で小6からインター、上海で現地校国際部(IGCSE、IBDP)イギリスの大学進学。
日本から中華圏へ駐在される方向けに幼稚園から高校までの情報や海外大への進学、留学に関するお話も受けることができます。
子供達は三人三様のコースで学んできました。小さな頃から子供達自身に選択させて、自信と自立する気持ちを育み、親としてはその時に合わせたサポートと、私は看護師と言うこともあり子供達の心身のサポートを心がけてきました。親としての心構えをお話し出来るかと思います。
●お子さん自身が年齢も高く経験豊富で、教育に関する知識を持ち合わせているので、お子さん本人と一緒にお話することも可能です。

学校、受験歴の有無

台北(ローカル幼稚園日本部)北京(日系幼稚園、日本人学校)
香港(日本人学校、Canadianインター)
上海(現地校国際部) アメリカ(大学)イギリス(大学)
海外から日本の中学受験、上海の現地校受験、アメリカ、カナダ、イギリスの大学受験

海外歴

家族:台北(1998〜1999)、北京2回(1999〜2000、2004〜2008)、香港(2011-2014)、上海在住(2014-2021) 長男:日本の大学に進学しアメリカ・中国・インドネシアに留学/長女:アメリカの大学に進学しスイス・スコットランドに留学/次女:イギリスの大学に進学

レビュー

  • avatar

    KM

    ビデオ通話1時間

    自分の息子の進路の一つとして、中国現地校国際部から海外の大学を考えています。edu.torさんへ問い合わせたところ、娘さんが2人が同様の学歴を持つGOTOさんを紹介してもらいました。日本の高校から海外の大学へ入学するケースは年々増えており比較的簡単に本やネットで情報が得られるのに対し、現地校国際部への入学、そこから海外大への進学は情報が乏しく、貴重な体験を聞けました。

    面談時には即興的な会話をするのではなく、事前に挙げた質問内容に対しppt資料を作成され、それを用いながら視覚的に説明して頂き、話がまとまっており非常に分かりやすかったです。また、お父さん、お母さん、娘さんのそれぞれの視点からも話が聞けました。1時間の相談時間は適切でした。